ズワイガニ

【北海道】ズワイガニの産地はどこがおすすめ?おすすめの通販サイトランキング【北陸】

ズワイガニも、色々な場所で獲ることができるので、産地も様々です。しかし、いざ買おうと思っても、どこの産地のズワイガニが良いか分からないですよね。

今回は、ズワイガニの産地やおすすめの通販サイトなどについてまとめてみました。これからズワイガニを購入される予定のある方は、是非参考にしてください!美味しいズワイガニを食べられるお手伝いができれば、幸いです。

【2019年最新】ズワイカニ通販サイトランキング!おすすめの選び方と味や値段を徹底比較ズワイガニを購入することができる通販サイトは、星の数ほどあります。その中から、1つのサイトを選んで購入するというのは、なかなかハードルが...

ズワイガニの種類と名産地

ズワイガニには、種類がいくつかあります。また、産地も様々なので、それも含めると選び切れないほどの種類が存在していると言えるでしょう。オスとメスのそれぞれについて、ブランド名と産地を表にまとめたものが、以下になります。

オスのズワイガニ

オスのズワイガニの特徴として、まず最初に大きさが挙げられます。メスと比べるととても大きく、同じズワイガニとは思えないほど差が出ることもあるようです。ここまでサイズに違いが出るのは、オスの方が生涯脱皮を続けるからだとされています。

ブランド名 産地
北海松葉蟹 北海道
青森県
山形県
新潟県
富山県
ロシア
舞雪蟹 秋田県
加能蟹 石川県
越前蟹 福井県
松葉蟹 山陰地方

舞雪蟹は、秋田県の名産品で、1.2kgを超えてくると『横綱』と呼ばれ、希少価値が高くなります。

グルメの王様とも名高いのが加能蟹。能登、橋立、金沢で水揚げされる蟹で、解禁になると北陸は加能蟹の話題で盛り上がるほどです。

福井県を産地としている越前蟹は、解禁が11月6日と固定されています。若狭湾で水揚げされたズワイガニが、越前蟹と呼ばれており、解禁日を過ぎると福井県は越前蟹一色になるようです。

一方、山陰地方で水揚げされた雄のズワイガニは、松葉蟹と呼ばれ、東北地方やロシアで獲ることが可能です。

メスのズワイガニ

メスのズワイガニは、オスと比べると半分くらいの大きさしかありません。同じズワイガニでも、性別で大きさが変わってくるので、本当に同じズワイガニなのか疑問に思うほどです。

メスは、産卵期に入ると脱皮をしなくなるので、それ以上大きくなることなくありません。死ぬまで脱皮を続けるオスとの差は、ここで生まれていると言えます。

メスのズワイガニの場合、甲羅に赤い卵を抱えています。カニミソと身、そして卵を混ぜて食べると絶品です。食べる目的に合わせて性別を選ぶと良いでしょう。

ブランド名 産地
香箱蟹 石川県
セコガニ・セイコガニ 福井県
兵庫県
鳥取県
コッペガニ 京都府
親蟹 鳥取県
島根県

松葉蟹は、メスには存在せず、香箱蟹・セコガニ・セイコガニと呼ばれています。産地は、香箱蟹は石川県、セコガニ・セイコガニは福井県、兵庫県、鳥取県が代表的です。エリアが限られているので、希少価値もとても高いと言えるでしょう。

香箱蟹・セコガニ・セイコガニが京都府で獲れると、コッペガニと呼ばれるようになります。コッペと呼ばれることもありますが、詳しい名前の由来は不明です。

鳥取県、島根県で獲れるメスのズワイガニは、親蟹と呼ばれています。親蟹の卵巣はオレンジ色で、濃厚な味わいが人気です。

ズワイガニの旬は年末年始!でも産地ごとに異なるので注意

ズワイガニの旬は、年末年始にピークを迎えます。産地ごとに旬の時期は変わるので、注意が必要。

山陰で獲れるオスのズワイガニ、いわゆる松葉蟹の旬は11月~3月頃です。同じオスでも福井県で獲れる越前蟹の旬は12月~2月と若干短くなっています。

福井県で獲れるセコガニ・セイコガニの旬は、11月~1月上旬。漁期が決まっているので、この期間にしか楽しめない贅沢な蟹としても知られています。

島根県や鳥取県で獲れる親蟹の旬は、11月~2月頃までと長めです。

このように、同じ蟹でも産地によって旬の時期が異なることが分かります。

おすすめの国産ズワイガニランキング

次に、国産のズワイガニのおすすめランキングをご紹介します。よくよく確認すると、国産ではないケースも少なくありません。

その中でも、ロシア産が多く出回っているようなので、国産のズワイガニをお探しの方は、注意しましょう。

1位:鳥取県境港産松葉ガニ

山陰境港から、松葉ガニを新鮮な状態で冷凍をせずに直送してもらうこともできます。一度冷凍をしてしまうと、どんなに美味しい蟹でも、鮮度が落ちてしまいますが、直送してもらうことができるなら、それがベストです。味に徹底的にこだわりたいという方には、おすすめですよ。

2位:鳥取県産セコガニ

セコガニの漁期は、2ヶ月しかありません。そのため、希少価値が高いとされています。鳥取県産のセコガニは、身が引き締まっていて、味も確かです。蟹味噌と外子、内子それぞれを楽しめるので、ファンも多く、長年愛されています。

3位:兵庫県浜坂産松葉ガニ

松葉ガニは、独特の風味と味わい、そして繊細な身が美味しい蟹です。松葉ガニならではの甘みもあり、蟹好きにはたまならいでしょう。松葉ガニは、11月上旬頃から解禁されるので、この時期になると予約ですぐに売り切れてしまうことも多々あります。

4位:石川県産加能ガニ

加能ガニは、石川県の加賀・能登で獲れた蟹のことを指しています。比較的新しい品種の蟹です。日本海の荒波を受けて育っているので、身が引き締まっており、美味しいと好評を得ています。

5位:石川県産セイコガニ

石川県産のセイコガニもまた、2ヶ月という限られた期間でしか楽しむことができません。オスと比較すると、どうしても小ぶりにはなってしまいますが、外子や内子を楽しめるのは、メスならではの特徴です。期間限定の味を、ぜひ楽しんでみてください!

どこ産のズワイガニも美味しい!年末年始は蟹を食べよう

どこの産地のズワイガニも、味が美味しいことは間違いありません。美味しくお得に食べるなら、旬の時期が狙いめです。年末年始のおめでたい時期に、カニ鍋やかにしゃぶなどを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ズワイガニは激安で購入できる!狙い目は旬の時期!

高いイメージが強いズワイガニですが、実は激安で購入できます。安く買えるのであれば、自宅でも楽しみたいですよね。

一番良いのは、旬の時期。旬の時期は一番美味しい時期でもあると同時に、市場にも出回るので、安く手に入れることができます。各通販サイトを比較しながら、お気に入りのズワイガニを探してみてください。

味に関しては、自信を持っておすすめします!

【2019年最新】ズワイカニ通販サイトランキング!おすすめの選び方と味や値段を徹底比較ズワイガニを購入することができる通販サイトは、星の数ほどあります。その中から、1つのサイトを選んで購入するというのは、なかなかハードルが...